※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

高速道路が渋滞!女性のためのトイレ対策とおすすめアイテム

ライフスタイル

高速道路での渋滞は誰にとってもストレスですが、特に女性にとってはトイレの問題が大きな課題となります。

予想外の渋滞に巻き込まれた時にかぎって、どういうわけかトイレに行きたくなる・・。
我慢できる・・うん、まだ大丈夫・・とトイレを我慢し続けているわりに、なかなか進まない車に焦った経験をしたことはありませんか?

この記事では、そんな「我慢できない」状況を少しでも楽にするための女性向けトイレ対策と、実際に役立つおすすめアイテム3選をご紹介します。

これらのアイテムを活用することで、長時間のドライブももう少し快適に過ごせるかもしれません。
車での旅行や帰省に備えて、ぜひチェックしてみてください。


渋滞中のトイレ問題!女性がやっておきたい対策4つ


実はわたし自身が過敏性腸症候群(IBS-D)に長年苦しんでおり、尿意よりも腹痛をともなう突然の便意に恐怖心があるんです。

そのため、長時間のドライブは精神的にも非常に負担になりますし、同乗者に対しても「申し訳ない」という気持ちでいっぱいになってしまうんですよね。

可能であれば、コンビニやドラッグストア、スーパーなどの店舗がコンスタントに見つかるルートがいいですが、なかなかそううまくはいかないのが現実。

やはり一番気になるのは、私たち女性は緊急事態のときにどんな対策をしたらいいかということですよね。

そこで、過敏性腸症候群のわたしが実践している、トイレ対策を4つご紹介しましょう!


水分を摂りすぎない

これはもうテッパン中のテッパンといえる対策です!

いつでもトイレに行ける環境ではないのに、普段と同じように水分を取ると何が起こるかというと、確実に尿意をもよおします!

高速道路を走行中では、「まだトイレに行かなくても大丈夫」と思っていても、サービスエリアやパーキングエリアに必ず立ち寄ってトイレで用を足すことをオススメします
水分摂取を控えていれば、まずトイレの回数が減るはずです。


脂質の多い食事をとらない

出発前はもちろんですが、ドライブ中に脂質の多い食事をするのは控えましょう
脂質が体内で分解されて生成される脂肪酸が、腸に刺激を与えてお腹を壊すことがあるからなのです。

これって、もう緊急事態中の緊急事態で、「あれ・・なんかちょっとお腹痛いかな」と思ったらトイレに立ち寄る準備開始ですよ。

ほぼ高確率で、数分後に「今すぐにトイレにいきたい!」と、思うこと間違いなしです。

わたしはこれを一番おそれていて、長距離のドライブになる時には、そうめんや白米にちょっとしたおかずしか口にしません。

どんなにラーメンやカレーが美味しそうでも、ぐっとこらえます。


カフェインはとらない

カフェインというと、深夜の勉強や車を運転する人にとっては、目を覚ますような体験ができるとされていますよね。居眠り運転を避けたい時にはオススメのアイテムですが、トイレ対策としては“逆に”避けたいアイテムです。

自律神経を刺激して、胃腸の動きが活発になったり胃粘膜を刺激するということもあって、簡単にトイレに行けないシーンでは美味しいコーヒーも我慢をしたいところ。


お薬を用意していく

突然の腹痛・・・。この恐怖は性別問わず渋滞中に体験したくないですよね。

前もって服用する人もいますし、用意をしてドライブを楽しむ人もいます。
自分がいつも使っているものを用意して、身も心も安心を得るといいでしょう。


女性でも安心!4つのおすすめアイテム

どんなに対策をとっても、やってくるのが高速道路の大渋滞。
ノロノロ運転ならまだしも、微動だにしないと「これはマズイ!」という状況になるのは目に見えています。

車から降りてそこらへんで・・・というわけにいかないのが女性ですし、かといって永遠と我慢できるわけでもありませんよね。

そこで、用意をしておけば心のお守りにもなるアイテムをご紹介します!


緊急時に役立つポータブルトイレ

防災用簡易トイレというものが市販されているのですが、段ボールでできているものや軽いプラスチック製のものなどいろいろあり、組み立て式となっています。
凝固剤もついていることが多いので、緊急時の嘔吐袋としても使うことができます。

ただ、ファミリーには向いていますが結婚前のカップルには、羞恥心のほうが大きいので不向きかもしれません。


便利なトイレットキット

携帯のミニトイレとなるアイテムが数多く市販されており、さっと車内でも用をたすことができますよ!いろいろな種類がありますが、ビニール袋に粉末状の凝固剤が入っているタイプの携帯トイレがおすすめ。

水分を素早くゲル状に固めてくれるので、匂いや漏れの心配がありません。受け口も大きくて使いやすいものがありますよ。

お値段は約200円程度ですので、自分の体調に合わせて数個用意しておくとよさそうです。
また、尿取りパッドやショーツ型ナプキン、パンツタイプのおむつなども安心感があるはず。


快適な車内環境を作るアイテム

高速道路の渋滞がひどくて、トイレにいけない!
そんなときは、先ほどご紹介アイテムが大活躍をするわけですが、助手席でそれらを使うことはまず不可能ですよね。

外から見えるのはもちろんですが、なによりも運転席にいるパートナーに見られることがこの上なく嫌なわけです。

車内で用を足す緊急事態のために、後部席へ移動して、さっとカーテンを引けるようにするとベスト!
カーテンがなければ、羽織物で覆ってしまう
といいでしょう。


服装はスカートがとても便利!

パンツスタイルだと、下半身が冷えなくてとてもいい服装といえますが、トイレの緊急事態としてはちょっぴり困ることに。

女性はどうしても衣服を脱ぐことになってしまうため、露出が目立ってしまいますよね。
できることなら周囲の車にバレたくないし、パートナーにも不快な思いはさせたくない女性がほとんどだと思います。

そこで便利なのが、スカートです!
スカートをはけば、携帯用トイレを使う時でも外から全く見えないので安心できますよ。


渋滞時のトイレについてのまとめ

今回は、高速道路での渋滞時にトイレに行きたくなる女性のための実用的な対策と、おすすめのアイテムをご紹介しました。
こうしたアイテムのほかに、ウエットティッシュやペーパーなども準備しておくといいですよ。これらを活用すれば、渋滞時でも少しはストレスを減らし、長時間のドライブを快適に過ごすことができるでしょう。
帰省のときやドライブでは、これらのアイテムを携えてより安心して旅を楽しんでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました